MENU

【エスアイ大阪合同会社】ECザウルス【せどり】 メリットとデメリットについて。

せどり商材

カブ管理人です! 

今日は【ECザウルス】という商材について取り上げたいと思います!

結論からになりますが、この商材は初心者にはオススメしにくいです!

目次

【ECザウルス】のセールスコピー

・累計50億円、10億万商品以上販売
・利益を最大化させる価格改定ツール
・超絶簡単!1クリックで価格改定

ランディングページを見た限りでは、十分な実績があるように思います。

特定商取引法に基づく表記

販売会社エスアイ大阪合同会社    
所在地〒530-0057 大阪府大阪市北区曽根崎1丁目4板5−807号
TEL050−6865−9117
問い合わせsupport@eczaurus.jp
URLhttps://www.eczaurus.jp/infotop/
特定商取引法って何

「特定商取引法」とは、トラブルが生じやすい通信販売や訪問販売などから、それを利用する消費者を守るための法律です。
事業者名や所在地、連絡先といった情報を、ネットショップ上に表示することが義務付けられています。
違反行為が認められれば、罰則の対象となります。

特商法の表記に不足はありません。
しかし、法人にもかかわらず、固定電話ではなく、誰でも簡単に取得できるIP電話を使用している点で信用度が下がると思います。

【ECザウルス】 の特徴

  • 出品インターフェースがわかりやすい
  • 売り上げと利益の管理が行える
  • Amazonに出品している商品の価格改定が自動で行える
  • カート獲得可能最高値に自動設定できる
  • 評価依頼メールの自動配信が可能

このように、マカド!やプライスターが持つ基本的な機能は備わっています。

それに加えて「カート獲得可能最高値に自動設定できる」というのは、 ECザウルスの強みです。

【 ECザウルス 】 のメリット

売り上げが増える

自動価格改定機能の効果で商品が売れやすくなるでしょう。
商品が売れればもちろん運用額が増え、仕入れられる商品も増えるので、利益は上がっていきやすいです。

さらに言えば、ツールが作業の負担を減らしてくれる分だけ時間に余裕が生まれ、人気商品のリサーチなどに割ける時間が増えます。

作業の効率化

ECザウルスを導入すれば、

  • 価格改定
  • 在庫管理
  • 出品登録
  • 評価依頼メールの送信

こういった作業に必要な負担が減り、時短になります。

【ECザウルス】 のデメリット

他社せどりツールに劣っている所もある

ECザウルスよりも、マカド!やプライスターの方が機能面で優れいている所があります。

プライスターには、スマホアプリがあるので、出品管理をスマホでも手軽に行えます。
そのアプリはリサーチ機能も優秀で、店舗仕入れには特に効果を発揮します。

マカド!はヤフオク、楽天、メルカリ、など電脳仕入れとの連携が可能なのが強みです。

また、ツールの月額利用料金もマカド!やプライスターやの方が安いです。

【ECザウルス】 の評判・口コミ

固定費として5880円のツール月額使用料と、アマゾン大口アカウントのための月額料金が必要なためおおよそ月額11000円となり、、このツールを使用する点では料金などが大きなハードルとなっている。

☆ hanaの商材のオアシス探し ☆

デメリットとして挙げるのもどうかと思いますが、ECザウルスを導入するには最低でも月額5,390円かかります。

初心者の人は悩むと思いますが、その分大きなメリットを得られるので全く高くは無いです。

悩むようならひとまず価格改定ツールなしでやってみて、得られた利益の中から5,390円を捻出してもいいと思います。

ふうげつブログ

【ECザウルス】 のまとめ

結論になりますが、この商材は初心者にはオススメしにくいです!

ECザウルスのメリット・デメリットまとめ

・カート獲得可能最高値に自動設定できる機能は、ECザウルス独自の機能
・作業の効率化が図れる
・他社せどりツールとほぼ同じ機能を揃えているが、一部劣っている所もある
・他社せどりツールと比べて、月額がやや高い

今回は、”Amazon価格改定ツール”「ECザウルス」を検証しました。

「ECザウルス」はマカド!やプライスターとほぼ同等の機能があります。
カート獲得可能最高値に自動設定できる 」という機能が、他のツールには無いECザウルスの強みですが、逆にライバルツールもそれぞれ独自の強みを持っています。

利用料金に関してはプライスターやマカド!の方が安いので、それぞれのメリット・デメリットを比較したうえで、どのツールの機能が自分に最も必要かを考えるべきでしょう。

せどり初心者にとっては、月額5,880円(税別)の費用は負担が大きいように思います。
Amazon大口アカウント契約も同時に必要なので、それの費用も含めると月額は約11000円にもなります。
まずはツールに頼らずにせどりに取り組んでみて、ある程度成果が出てから導入を検討することをお勧めします。

せどり経験者には選ぶ価値のあるツールだと思いますが、初心者にはオススメしにくい商材ですね。

カブ管理人

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

高卒&ヒキコモリ歴3年の過去を持つ30代の男性です。
手取り15万円の激務派遣労働者でしたが、ネットビジネスで成功を収め、脱社畜を達成しました。
興味を持った案件についてまとめた結果が、誰かのお役に立てば嬉しいなと思います。

目次
閉じる