MENU

【Amazon輸出リサーチツール】 Caroon!(カルーン)輸出王【株式会社セントレクス】 本当に稼げるのか検証!

転売商材

カブ管理人です! 

今日は【Caroon!輸出王】という商材について取り上げたいと思います!

結論からになりますが、この商材はオススメできません!

目次

【Caroon!輸出王】のセールスコピー

・Amazon輸出リサーチツールの決定版
・アメリカ・カナダへの輸出
・「何を仕入れたらよいか分からない!」「売れるかどうか分からない!」はすべて解決

アメリカのネット通販市場規模は、日本の4倍程度あるそうなので、そこを狙った転売ビジネスですね。

どんな商品を、どのように売るのか、という部分が気になるとこらです。

特定商取引法に基づく表記

販売会社株式会社セントレクス     
所在地大阪府貝塚市澤578-1コスモ21ビル2F (本店)大阪府貝塚市澤220-89
TEL072-493-8856
問い合わせsupport@caroon.jp
URLhttp://caroon.jp/index.html
特定商取引法って何

「特定商取引法」とは、トラブルが生じやすい通信販売や訪問販売などから、それを利用する消費者を守るための法律です。
事業者名や所在地、連絡先といった情報を、ネットショップ上に表示することが義務付けられています。
違反行為が認められれば、罰則の対象となります。

特商法の表記に不足はありません。

【株式会社セントレクス】 とは

Windowsアプリや、WEBアプリの開発がメインの企業のようです。

開発実績もはっきりしています。

【 Caroon!輸出王 】 の特徴

Caroon!輸出王の特徴は、商品の価格差をリサーチするだけでなく、Amazonから販売ランキング情報を取得し、商品が売れた個数もカウントしてくれる、というものです。
価格差があっても売れない商品というものは数多くありますから、実際に売れているかを知ることは重要です。

しかし、販売数のカウント方法が気になるところです。

商品リサーチの時短にもなりそうです。
スマホ対応という点も利便性が高いと思います。

【 Caroon!輸出王 】 のデメリット

商品の販売数のカウント方法がおかしい

Caroon!輸出王の販売数のカウント方法は、「商品の販売ランキングの上昇回数を販売数として数える」というもののようです。
しかし、ランキングは相対的に順位が決まるものなので、ランキングが上がったからと言って、その商品が売れている保証はありません。

あまり売れていない商品を、「売れ筋の商品」として抽出してしまう可能性があるため、仕入れた商品が不良在庫になる危険性を含んでいます。

為替レート変動が利益に影響してしまう

輸出販売で発生した売上金は、外国の通貨になります。
よって、円との為替レートの変動によって利益の増減が発生します。

1ドルが120円くらいであれば輸出は高い利益率になりますが、民主党政権時代のような1ドルが80円とかだと利益率は低いです。
EU離脱のように、世界情勢が大きく変化したときは、安全資産とされる円が買われやすいので、一気に円高になります。
もしその時に、大量の在庫を抱えていたとしたら、売ってもほとんど利益にならず、悲惨なことになります。

社会情勢の変化、為替レートの見極めができる人でないと、輸出ビジネスはハイリスクです。

【 Caroon!輸出王 】 の評判・口コミ

「米国Amazon輸出は経費が半端ない」

ということが言えます。

ざっと考えても、

商品の仕入れ代+国内送料+国際送料+Amazon取り扱い手数料15%

とかなり経費がかかるのですよ。

http://kishida0421.blog.jp/archives/1059350536.html

販路であるAmazonはアメリカがメインになる以上英語です。

グーグルの翻訳機能を使えばある程度は出来ますが

AmazonFBAの出品は結構複雑で日本のAmazonですら出品するのに

結構てこずりますので、慣れるまではそれなりに時間を取られてしまいます。

お金にまつわる情報商材良し悪し

【 Caroon!輸出王 】 のまとめ

結論になりますが、この商材はオススメできません!

ここが残念!

・商品の販売数をカウントする方法がおかしいので、当てにならない
・為替レートの変動で利益が増減してしまう
・米Amazon輸出にかかる経費は大きい
・英語に不慣れだと出品に苦労する

今回は、” Amazon輸出リサーチツール ”  「Caroon!輸出王」を検証しました。

リサーチツールとしての機能は一見便利そうですが、商品販売数のカウント方法がおかしいので正確な結果は得られていません。
売れない商品を仕入れてしまう可能性があるのは残念です。

輸出にかかる経費は、国内送料+国際送料+Amazon取り扱い手数料とかなり高いので、利益率の高いビジネスとは言えなさそうです。
そもそも、輸出は資金の少ない個人がやるようなビジネスではないと思います。

また、為替レートによって利益が増減するので、国際社会情勢の変化にも気を配る必要があります。

国内せどりでの稼ぎが頭打ちとなるほどの大物せどらーなら輸出に手を出すのはアリだと思いますが、せどりを始めたばかりの初心者にはハードルが高いと思います。。

カブ管理人

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

高卒&ヒキコモリ歴3年の過去を持つ30代の男性です。
手取り15万円の激務派遣労働者でしたが、ネットビジネスで成功を収め、脱社畜を達成しました。
興味を持った案件についてまとめた結果が、誰かのお役に立てば嬉しいなと思います。

目次
閉じる