MENU

【株式会社金馬新聞】東京オンリーFX【カズヤング(岩本和也) 】 本当に稼げるのか検証!

FX商材

カブ管理人です! 

今日は【東京オンリーFX】という商材について取り上げたいと思います!

結論からになりますが、この商材はオススメできません!

目次

【東京オンリーFX】のセールスコピー

・6年間負けなし
・3か月連続負けなし
・3手順のみ
・スマホだけでもできる
・エントリーに使うインジケーターは一つだけ
・エントリーポイントをサインでお知らせ
・東京時間の常識が変わる

東京時間に絞って行う、サインツールを用いたFXトレードのようです。
東京時間は、ロンドン時間とニューヨーク時間に比べてボラが小さいのですが、あえてそこに絞る理由が気になりますね。

特定商取引法に基づく表記

販売会社株式会社金馬新聞    
所在地北海道札幌市豊平区平岸四条13丁目4−30 シャトー和田407
TEL090−7515−7358
問い合わせkinmashinbun@yahoo.co.jp
URLhttp://tokyo-only-fx-tp.main.jp/
特定商取引法って何

「特定商取引法」とは、トラブルが生じやすい通信販売や訪問販売などから、それを利用する消費者を守るための法律です。
事業者名や所在地、連絡先といった情報を、ネットショップ上に表示することが義務付けられています。
違反行為が認められれば、罰則の対象となります。

特商法の表記に不足はありません。

【カズヤング(岩本和也)】 とは

Twitter上で「fxカニトレーダー」として、有名なFXトレーダーの方です。

これまでにもいくつかFX商材を販売されています。

【東京オンリーFX】 の特徴

東京時間のうちの、11時~14時にトレード時間を絞って行うことを目的としたサインツールです。
トレード初心者や、勝てるようにならないトレーダーを対象にしています。

移動平均線・水平線・トレンドライン・雲も見る必要がなく、使うのは専用のインジケーター1つだけと、かなりシンプルで機械的な手法になっています。
損切り幅は30pipsと広めですが、利幅はあまり大きくないようです。

トレードロジックを全て公開している点は好感が持てます。
トレードロジックを非公開にしているツールは沢山ありますからね。

一方で、公開しているデータはバックテストのものであり、フォワードテストの結果ではないところは不安要素です。

【東京オンリーFX】 のデメリット

ツールの優位性が不明

ランディングページには、優秀なトレード成績が公開されていますが、全てバックテストによるものであり、現在の相場で通用する保証はどこにもありません。
そのバックテストにしても、「通貨ペア」「期間」「EA名」「モデル」「パラメーター」が何故か公開されていません。

フォワードテストの結果が公開されておらず、バックテストの情報も不十分となれば、カーブフィッテングの可能性を疑われても仕方がありません。

経験豊富なFXトレーダーであるカズヤング(岩本和也)氏ならば、このような情報の公開の仕方では、信頼を損なう結果になることはわかっているはずでは・・・。

損大利小の手法

東京オンリーFXのロジックは、ボラが出にくいレンジ相場で逆張りを行うものなので、一度のトレードで狙える利幅は小さいです。
一方で、損切り額は30pips固定なので、負けるときは大きな損失の発生が確定しています。
東京オンリーFXとは損大利小の手法なのです。

コツコツドカンは稼ぐ効率が非常に悪いですし、負けた時の大きな損失を小さな利益で少しづつカバーするのは、精神的なストレスも大きいいと思います。

【東京オンリーFX】 の評判・口コミ

やはり実績データを開示できないツールに自分の資産を預けるというのは単なるギャンブルでしかありません。

ロジックこそ理に敵っていますが、説得力のあるデータを公開していない点は減点ポイントと言えるでしょう。

FX情報商材 ヨソでは聞けない暴露ブログ

東京オンリーFXはシンプルなレンジの逆張りロジックを利用して、無裁量トレードに近いトレードを行えるという点はよいツールだと感じます。

ですが、「テスト結果があまり信用できない」「損大利小の手法というのが初心者トレーダーには危険」という不安要素もあります。

FX商材ランキング

【東京オンリーFX】 のまとめ

結論になりますが、この商材はオススメできません!

ここが残念!

・ツールの優位性が不明
・損大利小の手法なので初心者には難しい

今回は、”東京時間だけを狙ったFXサインツール” 「 東京オンリーFX 」を検証しました。

東京オンリーFXのランディングぺージでは、「利幅は小さい」「負ける月もある」とデメリットを紹介しており、その点は好感が持てました。
トレードロジックを全て公開しているのも良い事だと思います。

ですが、フォワードテストの結果が公開されていないので、現在の相場で通用する保証がありません。
オマケに、バックテストの結果は公開しているものの、そのバックテストの情報公開が明らかに不十分なので不信感を持ちました。

東京オンリーFXは初心者向けのツールですが、損大利小の手法であることから、逆に初心者にとって難易度の高い物になってしまっている印象です。
トータルで勝つには勝率を上げるしかないので、メンタル面への負担も大きいです。

いくら取り組みやすい手法でも、初心者が手を出すのは危険な商材だと思います。

カブ管理人

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

高卒&ヒキコモリ歴3年の過去を持つ30代の男性です。
手取り15万円の激務派遣労働者でしたが、ネットビジネスで成功を収め、脱社畜を達成しました。
興味を持った案件についてまとめた結果が、誰かのお役に立てば嬉しいなと思います。

目次
閉じる