MENU

【荻原優】Google Combat(グーグルコンバット) 本当に稼げるのか検証!

アフィリエイト商材

カブ管理人です! 

今日は【Google Combat(グーグルコンバット)】という商材について取り上げたいと思います!

結論からになりますが、この商材はオススメできません!

目次

【Google Combat】のセールスコピー

・Googleを活用したPPCアフィリエイトが学べる
・アフィリエイトの中でも圧倒的に結果がでやすい
・月収100万円が現実化
・ネットビジネス初心者にお勧め
・1商品で33万円の売り上げになることも

特定商取引法に基づく表記

販売者荻原優     
所在地〒150-00314 東京都渋谷区桜丘町23番17号 シティコート
TEL050-5438-8453
問い合わせinfo@gugucon.com
URLhttps://www.infotop.jp/click.php?aid=64992&iid=89080
特定商取引法って何

「特定商取引法」とは、トラブルが生じやすい通信販売や訪問販売などから、それを利用する消費者を守るための法律です。
事業者名や所在地、連絡先といった情報を、ネットショップ上に表示することが義務付けられています。
違反行為が認められれば、罰則の対象となります。

法人ではなく、個人で提供している商材のようです。

【荻原優】 とは

所在地を調べてみましたが、バーチャルオフィスである「ワンストップビジネスセンター渋谷店」を利用しているようです。
バーチャルオフィスが絶対ダメとまでは言いませんが、毎月100万円以上の報酬を得ているという割に、法人成りしていないのは疑問です。

経費が使えたり、損益繰り越しができることを考えれば、法人になるメリットは大きいように思いますが。
ちょっと怪しいですね。

【Google Combat】 のメリット?

Googleを活用したPPCアフィリエイトを学べるようです。
PPCアフィリエイトとは、「広告料を支払う代わりに、ASPから自分で選んだ商品を販売し、収益をあげるビジネスモデル」です。

上手く成約に繋がらなければ、広告料で赤字になる場合があるので注意が必要です。

【Google Combat】 のデメリット

商材の安さには理由がある

Google Combatの販売価格は「1,000円」と、情報商材の中では格安と言えます
しかし、ここで疑問が生じるのですが、「たかが1,000円」を儲けるためだけに、わざわざ労力やコストをかける理由は何なのでしょうか。

ボランティアではなく、あくまで商売なので、この商材を販売することで販売主の利益につながるように、考えてあるはずです。
考えられるのは、バックエンドの高額商材を売るための撒き餌であるという事でしょうね。

商材の内容は、PPCアフィリエイトの教科書的なものなので、ネットで簡単に調べられる程度の内容ではないかと思います。
たったの1000円ですし。

実利益が不透明

商材の具体的な内容が説明されていないので、本当に稼げるのか?、どれだけ稼げるのか?という点についての信憑性が感じられません。
また、売り上げは公開されていますが、広告費用などを含めた経費が公開されていないので、実利益が不透明です。

ランディングページでは、「月収100万円を半年で稼げる」などと書いてありますが、一方では赤字になるとの記載もあります。
つまり、「利益が出ない場合もあれば、損失を出す場合もある」と言っているわけので、内容に矛盾があります。

【Google Combat】 の評判・口コミ

グーグルコンバットを見ながら進めればサイトは作れそうです。
しかも価格は1000円と破格になっています。
・・・ただしサイトは作れても売れるサイトが作れるかが問題です。

50代からの副業

特にPPCはクリック型課金なので、広告はクリックはされるけれど成約につながらず損失だけが膨らんでしまうこともありえるので注意が必要です。

100歳まで楽しく生きる~Web Life

【Google Combat】 のまとめ

結論になりますが、この商材はオススメできません!

ここが残念!

・商材価格が不自然なほど安すぎるので、高額なバックエンド商材を後から勧められる可能性がある
・実践者の実利益が不明
・PPCアフィリエイトは赤字になる場合がある
・ 荻原優氏は信用度が低い

今回は、「1,000名以上の教え子の信頼と実績」がキャッチコピーの、Google Combat(グーグルコンバット)について検証しました。
毎月100万円以上の利益を出しているらしいですが、何故か法人成りしておらず、所在地の住所はバーチャルオフィスという怪しいものでした。

たったの「1,000円」という、商材の販売価格は安価ですが、裏返せばそれだけだと販売者側のメリットがほぼ無いため、後々高額なバックエンド商材を勧められる可能性があります。

商材の内容は、PPCアフィリエイトの教材ですが、広告費を支払ってクリックされたとしても、閲覧者に購入してもらえなければ、広告費で赤字になる可能性が考えられます。

結局は、「売れる記事を本人がが書けるかどうか」、にかかっています。
購入者の実力次第なので、月収100万円の再現性が高いとは思えません。
初心者には、なおの事難しいでしょう。

また、荻原優氏のネット上の評判は良あまり良いものではありませんでした。

以上のことから、安易に手を出すべき商材ではないと判断しました。

カブ管理人

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

高卒&ヒキコモリ歴3年の過去を持つ30代の男性です。
手取り15万円の激務派遣労働者でしたが、ネットビジネスで成功を収め、脱社畜を達成しました。
興味を持った案件についてまとめた結果が、誰かのお役に立てば嬉しいなと思います。

目次
閉じる